October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

荒川尚也 ガラスの御重 2014年10月24日

 

IMG_5662

IMG_5639

IMG_5649

IMG_5653 IMG_5657 IMG_5666

荒川尚也 ガラスの御重( 別注サイズ ) 

■サイズ:縦20.5cm×横20.5cm×高さ15.3cm
■参考価格:76,000円(税抜)

杉田明彦さん(漆) の作品のお取扱いがはじまりました。

IMG_5737

  現在、金沢市で漆の器を手がける杉田明彦さんは、1978年生まれの 東京都文京区育ち。大学進学で文学部の哲学科に進むが「手に職をつけたい」との思いから手打蕎麦店での修業を経て、2007年に輪島へ向います。おおくの皆様がたがご存知かもしれないが、塗師 赤木明登さんのもとでの修業を積み2013年に独立されています。この世界に入られる前から多くのことに興味をお持ちで、骨董店巡りなど時代を経て受継がれてきた普遍の美しさに、和洋ジャンルを捕われず目を輝かせる若き作り手さんです。そんなことが素直に感じ取れる杉田さんの器は、今迄の漆の考えにとらわれないさまざまな表情を見せてくれます。これからが非常に愉しみな作家さんのひとりです。
作品は随時入荷いたしますので、直接お店にご来店いただくか、お電話やメールなどで気軽にお問合せください。

ギャラリーYDS 店主


IMG_5686

IMG_5713

杉田明彦 鼓椀(小) 
■サイズ:φ11.8cm×高さ8.0cm
■価格:13,000(税抜)
■カラー:黒・赤

 

  IMG_5699

IMG_5734

IMG_5731

杉田明彦 鉄鉢 黒 ( 大・中・小 ) 

大 ■サイズ:φ20.8cm×高さ9.2cm   ■価格:38,000(税抜)
中 ■サイズ:φ16.4cm×高さ7.5cm   ■価格:22,000(税抜)
小 ■サイズ:φ12.2cm×高さ5.9cm   ■価格:12,000(税抜)
 

 

IMG_5718

 杉田明彦 マリ 

■サイズ:φ12.2cm×高さ7.0cm
■価格:15,000(税抜)
■カラー:黒
 

 

 

<掲載商品のお問合せはこちらまで> 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

 ショップ&ギャラリーYDS 075-211-1664

メールフォーム:http://www.takahashitoku.com/contact/postmail.html 

 

原田譲さんの「白瓷」のうつわが入荷しています。2014・9・15

 

ことしの春よりYDSでお取扱いが始まった茨城県城里町の原田譲さん。2007年に茨城県窯業指導所成形科を終了後、2009年に自宅兼工房にて制作を始められています。彼が現在制作の中心としている白瓷は主に中国「宋代」に河北省で栄えた窯場『定窯』を本歌に、そこから技法・原料を探りながら、その雰囲気をみごとに再現されています。個人的には日々の生活のなかで使い込んでいくことで、まるで象牙のような黄みがかった美しい色合いを見せてくれます。是非、ご来店になって実際にご自身の手に取っていただきたいうつわです。

ギャラリーYDS 店主

 

IMG_5191

 

============================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

 お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS   075-211-1664

お問合せページ:http://www.takahashitoku.com/contact.html

西山芳浩 さんのガラス作品入荷のお知らせ 2014・4・16

IMG_3267
 

3月上旬にご紹介していました金沢のガラス作家【西山芳浩さん】の「江戸グラス」と「花器」が入荷して参りました。量産をするために産まれてきたであろう型への吹き込みによる制作。同じものを作る為に産まれてきた技法の中にも、西山さん独自の着眼点や技巧性だけに頼らない制作スタイルが生み出した、日本的な美意識を持ったうつわだと感じます。言葉を並べるよりまずは実際に見て、触れて戴きたい作品のひとつです。


ギャラリーYDS 店主

 

IMG_3273

IMG_3262 

 
江戸グラスG  クリアー
■サイズ:φ8.2cm×高さ6.3cm
■価格:2,686(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。

 

IMG_3272

IMG_3254

 江戸グラスG  グレイ

■サイズ:φ8.2cm×高さ6.3cm
■価格:2,781(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。
 
 
 
 

IMG_3276

 

 

 江戸グラスA  クリアー

■サイズ:φ6.9cm×高さ7.8cm
■価格:2,593(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。

 

IMG_3274

 江戸グラスA  グレイ

■サイズ:φ6.9cm×高さ7.8cm
■価格:2,778(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。
 
 

IMG_3275

 江戸グラスA  茶

■サイズ:φ6.9cm×高さ7.8cm
■価格:2,778(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。

 

 

 

============================================

色の比較写真

IMG_3293

 

左:グレー 右:クリア (江戸グラスG)

IMG_3292

左:茶 真中:グレイ 右:クリアー (江戸グラスA)

============================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

 お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS   075-211-1664

お問合せページ:http://www.takahashitoku.com/contact.html

荒川尚也さんのグラス 入荷しました 2014/3/28

 

  京都府船井郡に「晴耕社ガラス工房」を構え、独自の制作スタイルで器からオブジェまでを幅広く生み出している荒川尚也さん。先ず最初に工房を訪れると目にするのが敷地内に所狭しところがるガラクタたち。そして多くのガラス作家を目指す若いお弟子さんたちがテキパキと作業をこなす心地よい緊張感。でも、どことなく小さな頃に作った秘密基地を探検する様な気持になったのは私だけでは無いはずです。荒川さんが初めてガラスに出会ったのは北海道小樽の地。その当時としては珍しく無い、工業・商業的なガラス製品を大量に作り出す職人として技術を学ばれました。独立してからの道のりには沢山の苦労があっただろうと思われるのですが、とにかくいたずらっ子の少年のように目を輝かせ、いつでも貪欲にチャレンジしていく姿勢は、ガラス作家さんだけではなく、幅広い素材の若手作家さんたちに非常に良い刺激と夢を与えてくれる存在に違いないと感じました。敷地内に散らばるガラクタたちも、実は作品を生み出すための、大切な道具に産まれ変わっているのだと言うことをを知ったのは、二回目の工房訪問の時のことでした。固定概念に捕われない制作スタイルは、普段使いの器にも出ているかと思います。材料や技法にこだわっていることは多くの方がご存知だと思います。しかし、荒川さんが他のガラス作品から感化を受け、自分の作品を作ろうと思ったことは無い、と言い切られるように、荒川さんとの会話は、まるで陶芸や木工の作り手さんとお話しをしているような感覚に似ています。しっかりと厚みがあり安心して日常使いに出来るうつわ、でもその見た目はガラスの美しさを可能な限り引き出している様に感じます。


ギャラリーYDS 店主

 

IMG_3153

グラスA
■サイズ:φ7.0cm×高さ5.5cm
■価格:6,500(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。

 

  IMG_3154

 グラスB
■サイズ:φ7.0cm×高さ7.6cm 
■価格:5,600(本体価格)

※手作りの為、大きさ、形、がひとつずつ多少異なることをご了承下さい。

 

 

============================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

 お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS   075-211-1664

お問合せページ:http://www.takahashitoku.com/contact.html

2014/3/13 鎌田克慈さんのうつわが入荷しました

IMG_3126

 

石川県輪島で、漆のうつわを制作されている鎌田克慈さんのうつわが入荷してきました。彼が手掛けるうつわの作品は、漆食器を作る作家さんとしては珍しい乾漆という技法を使っています。かなりの手間をかけなければ行けない技法ですが、そこには鎌田さんならではの拘りを感じます。手に取って頂いたお客様にまず乾漆のご説明すると、開口いちばん仏像をつくる技法ですね、とおっしゃいます。欅や桜など木地をベースにした轆轤引きでうつわの成形をしていくことが多い世界ですが、鎌田さんの作品は麻布がベースになっています。型の上に数枚の麻の布を貼り、その上から幾度も漆を塗り重ねていきます。塗っては乾かし、の工程を16〜17回と繰り返す訳ですから、普通のうつわの倍以上もの塗り工程を経てうつわが完成します。このうつわの一番の魅力は、その軽さと薄さ、そして丈夫さです。何よりも轆轤では出せない微妙なゆらぎを見せるのも隠れた魅力なのかもしれません。是非その良さを手に取って感じていただけたらと思います。過去の作品アルバムからの注文制作も受付ていますので、まずはお気軽にご来店頂ければと思います。

ギャラリーYDS 店主


IMG_3118

IMG_3101

飯椀
■サイズ:φ13.6cm×高さ5.3cm
■価格:12,000(税込)
■カラー:黒・赤

 

 IMG_3115

IMG_3116

 汁椀
■サイズ:φ12.0cm×高さ5.5cm
■価格:12,000(税込)
■カラー:黒・赤 

 

IMG_3120

IMG_3110 IMG_3111

 

どんぶり
■サイズ:φ15.5cm×高さ9.9cm
■価格:20,000(税込)
■カラー:黒・溜(右)

 

============================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS   075-211-1664

メール:yds-☆takahashitoku.com     ☆を@マークに変換してください。

堀仁憲さんのうつわ 入荷しました 2014/1/18

IMG_2275

新年初めての入荷は、現在岡山県で作陶をされている堀仁憲さんのうつわになります。磁土や土を巧みに使い分け、堀さんらしく呉須や鎬を使った技法を効果的に取り入れています。シンプルで可愛らしい表情のなかにも、確かな技術とご自身独自の世界をお持ちの作り手さんです。白磁鎬小皿に飯椀・粉引平小鉢・灰釉小皿・白磁鎬ポットに僅かに青味がかった青磁鎬茶盃。それから昨年に新作された醤油さしもあります。どことなく私が好きな東南アジアの焼物の雰囲気を感じさせながらも、今の私たちの生活にしっくりと馴染む、日常使いのうつわになっているかと思います。 ? お問合せ: YDS 075-211-1664

==================================================

 

IMG_2238

青磁鎬茶杯
■サイズ:φ7.0cm×高さ6.5cm
■価格:3,675(税込)

 

IMG_2240

白磁鎬ポット(小)
■サイズ:φ8.6cm×高さ7.5cm ※(注ぎ口、取っ手、蓋は含まず)
■価格:21,000(税込)

白磁鎬ポット
■サイズ:φ9.8cm×高さ9.0cm  ※(注ぎ口、取っ手、蓋は含まず)
■価格:23,100(税込)

 

IMG_2248

白磁鎬小皿
■サイズ:φ13.5cm×高さ1.8cm
■価格:3,360(税込)

 

IMG_2252

粉引平小鉢
■サイズ:φ14.8cm×高さ4.5cm
■価格:2,625(税込)

 

IMG_2257

灰釉小皿
■サイズ:φ14.3cm×高さ2.7cm
■価格:2,100(税込)

 

IMG_2263

IMG_2260 

 

青花鎬飯碗
■サイズ:φ11.3cm×高さ7.1cm
■価格:5,250(税込)

 

IMG_2267

白磁八角台碗
■サイズ:φ11.3cm×高さ7.1cm
■価格:4,200(税込)

 

IMG_2241

 青花醤油さし?(左端)
■サイズ:φ5.9cm×高さ8.4cm ※(注ぎ口、蓋は含まず)
■価格:11,550(税込)

青花醤油さし?(右から二番目)
■サイズ:φ7.1cm×高さ7.4cm ※(注ぎ口、蓋は含まず)
■価格:11,550(税込)

三島醤油さし(左から二番目)
■サイズ:φ6.4cm×高さ6.8cm ※(注ぎ口、蓋は含まず)
■価格:13,650(税込)

白磁醤油さし鎬(右端)
■サイズ:φ6.4cm×高さ6.1cm ※(注ぎ口、蓋は含まず)
■価格:10,500(税込)

 

============================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS  075-211-1664

Re:planter:スペースコロニー

IMG_2041

IMG_2051

1399289_740272685988303_515276727_o

今年の秋よりお取扱いを始めましたRe:planterさんのスペースコロニー。自然界の営みを小さなガラスの球体に表現した作品は、作者の村瀬さんならではの独自の世界観が表現された生命体の縮図でもあります。見た目やデザイン、その都会的な感覚が先に立ってしまうのはしかたないかもしれませんが、インテリアの一部として室内に取込んで、今の生活スタイルに溶け込ませた発想はとても素晴らしいと思います。

水と光のコントロールによって、私達生命が生かされていることを間近で感じることが出来るこの作品は、彼なりの視点で長年自然界を見つめて来た発見や驚きが詰まっています。傍に置くことで、毎日お世話することで、あなた自身がその変化に気が付いた時、より生命の不思議に近づくことが出来るのだと思います。

 
スペースコロニーEn
■価格:34,650円(税込) ■メンテナンスツール:3,150円(税込)
 

 ================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店

お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS  075-211-1664

 

「穏やかなとき」富井貴志 × ハタノワタル 展示会作品紹介?

  IMG_1932

<富井貴志> パン皿■サイズ:径20.2cm×高さ2.2cm  材:栗

 価格: 8,400円(税込)

朝食の時に使うパン皿ですが、ちょっとした休憩時に小さく切ったパンと

デミタスカップがピッタリのお皿にです。大きめのカップでしたら

ソーサー無しで使うと良いかもしれません。

IMG_1901

 

<富井貴志> バターケース(ナイフ付き)

■サイズ:高さ5.0cm×タテ8.1cmヨコ8.1?  材:クルミ

 価格: 8,400円(税込)

マーガリンを使わなくなってから、パン好きの家族にとっては

無くてはならないのがバターケースです。四隅までちゃんと届く専用のナイフも付いて

手に持った時に馴染みが良いように細かい彫りが施されています。

小さな家族と一緒に暮らす富井さんの優しさがあらわれています。

IMG_1936

<富井貴志> 角皿

■サイズ:高さ1.2cm×タテ15.0cmヨコ20.0?  材:ブラックウォールナット

 価格: 6,300円(税込)

蜜蝋仕上げで、お料理やお菓子を直接のせることが出来るお皿ですが、ちっちゃなトレーとしても使えそうです。最近では木の素材でつくられた器を日常的に使うことが少なくなってますが、陶器や磁器、ガラスにはない、新しい発見があるかと思います。

IMG_1897

<富井貴志> 豆皿(大・小)と栗のトレイ

■豆皿大 サイズ:高さ1.8cm×径9.0cm  材:山桜

 価格: 5,250円(税込)

■豆皿小 サイズ:高さ1.2cm×径6.0cm  材:栗

 価格: 3,150円(税込)

 

■栗トレイ サイズ:高さ2.4cm×タテ12.0cmヨコ39.0?  材:栗 

価格: 16,800円(税込)

 

この豆皿を見ればすぐに富井さんと分かってしまうほど、色、カタチの美しい皿です。何でも無いお干菓子も、このお皿に載せれば。。。飾って置くだけでも可愛いフォルムです。


 

================================

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店

お問合せ先:ショップ&ギャラリーYDS  075-211-1664

 

 

 

<<back|<12
pagetop