August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

杉田明彦 灯火のなかの漆 2016年4月9日〜17




 

漆工 杉田明彦 灯火のなかの漆  2016 / 4/9(土) 〜 4/17(日)

2013年、輪島を代表する漆作家さんのもとでの修行を終え、漆工と して新たな道を歩み始めた杉田明彦さん。多くの優れた塗師や木地師が おられる輪島での六年間は、彼が生み出す、すっきりと研ぎすまされた 漆器の造形や、古物のテクスチャーを感じさせる独自の考えを持った塗り を生み出す根源となっています。冬の能登半島の海・初夏薄明の山々の 稜線。そのあるがままの自然を感じ、自らの作品を生み出して来た彼の手 には、多くの先人たちの知恵や技術と共に、目には見えない自然の美が 確かに刻まれています。京都では初めてとなる展示会の開催。古来漆が 持つ明媚な景色と、日常の器として優れた機能を併せもっていることを 改めて多くの皆様に知っていただける機会になると思います。  SHOP & GALLERY YDS 店主  

◆ 開 催 期 間 :2016年4月9日(土)〜4月17日(日)
◆ 時   間  :11:00〜18:00
◆ 場  所   :ショップ&ギャラリー YDS
◆ 作家在廊日:  9・10

※期間中は休まず営業いたします。


===========================================================

 <灯火の刻> 4月 9日・10日・16日 〜開催のお知らせ〜

週末の3日間限定。日没の正酉【17時〜19時】
和蝋燭の燭台やオイルランプを使った灯りの下で
杉田さんの漆作品を鑑賞 して頂けけます。

和蝋燭は、近江手造り和ろうそく大與さまのご協力をいただいてます。
  http://www.warousokudaiyo.com

◆日程 : 4月9日・10日・16日
◆参加費 : 無 料
◆お問合せ先:YDS ☎075-211-1664 

 

清水 志郎 exhibition   2016 / 3/5(土) 〜 3/13(日)作品紹介2



【清水 志郎】
   ■79-A「茶盃」     3,000円(税抜) 
    サイズ:高さ5.0cm × 径5.0cm
   ■79-A「茶托」     1,500円(税抜) 
    サイズ:高さ1.7cm × 径6.9cm






【清水 志郎】
   ■「煮水器」     20,000円(税抜) 
    サイズ:高さ13.2cm × 径14.0cm
    ※高さは蓋まで、注口含まず
   






【清水 志郎】
   ■87-B「焙烙」     7,000円(税抜) 
    サイズ:長さ22.0cm × 径10.5cm
   





【清水 志郎】
   ■9「馬町土 花器」     8,000円(税抜) 
    サイズ:高さ16.9cm × 径4.2cm
   





【清水 志郎】
   ■52「片口」     6,000円(税抜) 
    サイズ:高さ6.5cm × 幅10.4cm





【清水 志郎】
   ■8「馬町土花器」     8,000円(税抜) 
    サイズ:高さ17.9cm × 径4.5cm
   





【清水 志郎】
   ■101「茶即」     3,000円(税抜) 
    サイズ:高さ2.1cm × 幅6.8cm × 長さ14.7cm





【清水 志郎】
   ■「衣笠土徳利」     12,000円(税抜) 
    サイズ:高さ13.5cm × 径8.9

   
   




<掲載商品のお問合せ> TEL 075-211-1664  またはこちらのお問合せフォームより
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【Gallery space】作家の器と生活道具のお店 

 ショップ&ギャラリーYDS

京都の佇まいが今でも多く残る町並みのなかに、ゆったりとした時間の流れるお店を営んでいます。陶芸・ガラス・木工・漆・金工など、器や生活道具を中心としたセレクトで日本の美しい手仕事を御紹介しています。☆企画展・イベントも随時開催。

〒604−0013京都市中京区新町通二条上ル二条新町717
電話 075-211-1664

OPEN:11:00〜18:00 営業日:月曜日〜土曜日 
※日曜日・祝日・第2土曜日は予約があった場合のみ営業します。
お気軽にお電話またはメールにてご予約ください。
(年末年始とお盆を除く)

※企画展開催日以外は常設展示にて通常営業致しております。

 H P    : http://www.takahashitoku.com/contents.php?id=31

お問合せフォーム: こちらのページ

清水 志郎 EXHIBITION 2016 / 3/5(土)〜3/13(日)

清水 志郎 EXHIBITION  2016 / 3/5(土) 〜 3/13(日)

5年前にギャラリーをオープンさせていただいて、初めて展示会を開催させていただいたのは他でも無い陶芸家の「清水志郎」さんでした。ギャラリーYDSが5周年を迎えるこの春、新たなスタートを共に迎えられることを大変嬉しく思っています。土と炎が創り出す焼物に、正面から全力でぶつかっていく彼の姿を、これからも全力で後押ししながら、これからも見守れることを心より感謝しています。  SHOP & GALLERY YDS 店主  

◆ 開 催 期 間 :2016年3月5日(土)〜3月15日(日)
◆ 時   間  :11:00〜18:00
◆ 場  所   :ショップ&ギャラリー YDS
◆ 作家在廊日:  土・日

※期間中は休まず営業いたします。


===========================================================

 

<中国茶会> 〜芽吹息吹〜 【 限定8名様 】 要予約 茶 : 堀口一子    食 : VOLVER

展示会2日目の日曜日清水志郎さんのお道具を使い、【中国茶の堀口一子さん】と、昨年12月の企画展で

色鮮やかなオープニング料理をみごとに創ってくださった【VOLVERさん】による

初めてのお茶会がYDSの空間で実現します。テーマは〜芽吹息吹〜

YDSが5周年を迎えるこの春に、3人の出会いがどんな時間を創りだしてくれるのか楽しみでなりません。

◆日程 : 3月6日(日)
◆参加費 : 6,000円
◆お申込先:YDS ☎075-211-1664 

またはお問合せフォームより参加希望をお知らせ下さい。


 

鶴野啓司さんのうつわ入荷のお知らせ



栃木県の益子で作陶されている陶芸家「鶴野啓司さん」のうつわが入荷してきました。少量ですが定番の粉引から、焼物としては成形の難しい関東ローム層の下部から採取できる土を使った小皿・蕎麦猪口サイズの片口、薪窯の魅力が前面に出た角皿まで、鶴野さんらしい土の力がシッカリと残った焼物が届いております。 YDS店主

井上美樹さんのガラスのうつわが入荷しました。

 
井上美樹さんのガラスのうつわが入荷しております。片口や三角形をベースにしたガラスのコンポートなど、美樹さんの持っておられる柔らかなリズムと優しがうつし出された作品が、透明なガラスの特性を伸びのびと活かしている様に感じます。その他、まだまだ寒さの厳しい2月初旬ですが、各地のガラス作家さんの作品も充実しております。 YDS店主

2016年3月19・20 茶会「両忘」のご案内



 

師と出会い私は概念や境界にとらわれる事がない、
心から自由なお茶を知りました。
茶を交わしていると、
大地から湧き出る愛を体感する瞬間があり、
それは師の言う「両忘」なのではないかと思うのです。
 
この度、「両忘」をテーマに師弟で
皆様にお茶をお届け致したくお茶会を開催します。
春が間もなく大地に戻る頃、どうぞお集まり下さい。
 
事茶人
沈 武銘
鄧 珮如(Peru)
 
--------
2016年
3月19日土曜日
3月20日日曜日
 

 
午前の回 10:00-13:00
午後の回 15:00-18:00
 
会費 18,000円
(中国伝統料理での茶懐石をご用意しています。)
 
8名様
 
会場
ギャラリーYDS 京都市中京区新町通二条上る二条新町717
丸太町駅/烏丸御池駅 徒歩10分
tel  075-211-1664
 
茶会受付開始は、 2月6日土曜日0:00より。

WEBサイトでの受付はPeru先生のHPよりお願いいたします。

 

SAVVY 2016年3月号 掲載頂きました。



SAVVY 2016年3月号 
京都祇園白川に昨年オープンしたパスザバトン。雑誌SAVVYさんからお声掛けいただきYDS店主としてお店を訪問してきました。リサイクル品アイテムは食器や雑貨を中心に年代もさまざま、お二階にあがると洋服から着物まで揃ったビックリの品揃えでした。P54.
P58.ページでは逆に京都で働く編集者「丹所さん」にYDSを訪問・取材いただいたりと、SAVVYのあっちにも!こっちも!記事を掲載いただいた3月号です。メインの「ごはんとおやつ」は新しいお店が続々オープンしていて、全く時代の流れに付いて行けて無いわたしがおりました。。。YDS店主

 

小嶋亜創さんのうつわ 入荷しました。



年始め最初の作品入荷は小嶋亜創さんのうつわ73点。長野県で作陶をしている亜創さんは、生活の中心に常に家族の姿と稲作があり、四季の移り変わりを肌で感じながら、ただひた向きに土と炎に向かい続けている作り手さんです。少し民芸の雰囲気が全面に出た、ざっくりとしたうつわたちですが、どこかモダンな美しさも感じるのは私だけでしょうか。。。久しぶりに沢山の入荷、とても嬉しい年始めになりました。 YDS店主

年末のご挨拶と冬季休暇のお知らせ



2015年も多くの皆様との出会いと、お力添えをいただいたこと大変感謝致しております。どうぞご家族やご友人など、普段ゆっくりと過ごせない方々と、笑顔あふれる良き年末年始をお過ごし下さい。

2015年12月27日〜2016年1月4日まで、冬季休暇をいただいております。ご不便お掛け致しますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
YDS 店主

SAVVY 2016年2月号 掲載頂きました。


「大阪 神戸 京都 の雑貨店 暮らしをもっとかわいく?? 」12ページにギャラリーYDSの3階常設展示室をご紹介頂きました。
<<back|<123456>|next>>
pagetop